なす  アメリカ英語:EGGPLANT、イギリス英語:AUBERGINE
ナスの主な栄養成分(栄養素)

ナスに含まれている栄養素(栄養)はいったいなんだろう?

  • ビタミンC
  • カリウム
  • アントシアニン(ナスニン、ヒアシン)
  • ポリフェノール
ナスの豆知識

ナスは淡色野菜でナス科の多年草です。なすの95%は水分で、主な成分は糖質です。茄子は体を冷やす効果があるといわれています。皮の部分のアントシアニンにはコレステロール値を下げる効果、ポリフェノールには老化防止、抗がん作用効果がある栄養素が含まれる。

なすの選び方
Check!

なすの表面は濃い紫色のつやつやで、へたの部分はみずみずしくトゲがしっかりしたものを選びましょう。


ナスに関連した情報
ナスの旬とは?

現在では、ナスは年中食べられますが旬は夏から秋(6月から9月)が本来のなすの旬です。

ナスの種類

世界で食されるナス。日本でよく食される種類の一部を紹介します。

  • 賀茂なす
  • 米ナス
  • 水なす
  • 長ナス
  • 丸ナス
  • 山科なす
  • 田屋なす
  • 赤茄子
  • 千成なす

なすを美味しく栄養を残し調理する方法

茄子の調理と保存の注意

ナスは切ってしまうと切り口から変色をしてしまうので、調理する直前に切り、切った後は水につけると良いでしょう。なすは油の吸収が良く相性が良い為、煮物の前には油でいためるとつややかで口当たり良く崩れにくくなります。また、まるごとや半身でソテーにする場合は、皮の部分に切込みを入れると火の通りが良いです。漬物にする場合にミョウバンや古釘を入れると変色を防止できます。
茄子は水分が蒸発しやすいので、ポリ袋に入れたりラップで包んで冷蔵庫で保存しましょう。


ナスの生産地

ナスの発祥原産地はインドで、日本には奈良時代中国からに伝えられました。
ナスの日本の生産量の多い都道府県と輸入している主な国を紹介
(注:生産量及び輸入量の多い順ではありません)

生産量のランキング

ナスの生産量の多い都道府県 

  • 高知、福岡
  • 群馬、埼玉
  • 愛知、茨城
輸入量のランキング

ナスを多く輸入している国 

  • 中国(塩漬原料)
  • 韓国

ナスを使った美味しい料理の作り方 - ナスレシピ
茄子に関連したレシピ本検索入口

【茄子レシピ】

美味しいなすをまるごと食べれて
野菜不足を解消!
メインのおかずになる簡単料理。Let'sCooking!


【材料】

なすの味噌ソース炒め 4人分

  • ナス - 中3本又は大2本
  • ピーマン - 中4個
  • 豚肉 -100g(ひき肉でもOK)
  • 甜麺醤(テンメンジャン) - 大さじ3
    (なければ赤味噌と砂糖と酒をあわせたものでOKく)
  • ソース - 大さじ2から大さじ3
  • サラダ油又はごま油 - 大さじ1
  • 塩 -少々

【作り方】

ソースが隠し味の簡単中華!

  • ナスは半分に切り5mm程度の半月切り水に浸す、ピーマンは1/6に、豚肉は一口大に切る。
  • フライパンを熱し、油を入れ強火で豚肉、ナスの順に入れ炒める。
  • なす全体に油が回ったら、ピーマンを加えサッと炒める(甘めが苦手な人は塩を加える。)
  • 甜麺醤を加え軽く炒め、ソースを加え味を絡ませる。

ONE Point!ピリ辛に仕上げたい時は、胡椒を加えても美味しいです。