もやし(萌) BEANSPROUTS
モヤシの主な栄養成分(栄養素)

モヤシに含まれている栄養素(栄養)はいったいなんだろう?

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • カリウム
  • 食物繊維
  • アスパラギン酸など
モヤシの豆知識

モヤシは淡色野菜で、暗所で白科させながら発芽させたものです。原料は緑豆が多く、その他大豆やブラックマッペ、小豆などを用いることもあります。種(豆)の時はビタミンCをほとんど含みませんが、発芽することで増加します。モヤシに含まれる栄養素には、胃腸の正常化、便秘、肥満予防、食欲増進、夏バテ、動脈硬化や糖尿病の予防、脂肪代謝の促進などの作用があります。モヤシはカロリーが低くダイエットに向いた野菜です。

もやしの選び方
Check!

モヤシは、透明感のある白色で、しなびていないしっかりとしたものを選びましょう。茶色くなった物や水気が出ているものは古く質も良くないので避けましょう。


モヤシに関連した情報
モヤシの旬とは?

現在では、モヤシは室内で栽培するので年中食べられます。旬はないといってもいいでしょう。

モヤシの種類

世界で食されるモヤシ。日本で食べられていますがその他の種類の一部を紹介します。

  • 緑豆もやし
  • 大豆もやし
  • ブアックマッペモヤシ
  • 青豆もやし
  • 小豆モヤシなど

もやしを美味しく栄養を残し調理する方法

モヤシの調理と保存の注意

もやしは、根を取り除き調理をします。しかし、根の部分にも栄養があるため最近ではそのまま水洗いをしてつかうことが多いようです。モヤシの食感を残すためには、火を通しすぎず、完全に火が通る手前で調理をやめるのポイントです。茹でる場合は、塩と焦慮の油を入れで湯がくとシャキシャキした食感が残ります。
もやしは、日持ちがしません。スーパーなどで売られているモヤシはポリ袋に入れしっかり空気を抜いて冷蔵庫の野菜室で保存しても3日が限界です。


モヤシの生産地

モヤシの日本の生産量についてを紹介
(注:生産量及び輸入量の多い順ではありません)

生産量のランキング

モヤシの生産量の多い食品会社 

  • 成田食品
    生産量日本一だそうです。全国で生産をしています。
輸入量のランキング

モヤシの種を多く輸入している国 

  • 中国(緑豆、大豆)
  • ミヤンマー(ブラックマッペ=ベトナムエンドウ)

モヤシを使った美味しい料理の作り方 - もやしレシピ
もやし関連のレシピ本検索入口

【もやし料理のレシピ】

もやしは簡単料理の定番食品。
どんな調理法にでも、どんな食材、味付けでも美味しい
万能食材モヤシのをアレンジ料理!


【材料】

モヤシのホイル焼き 4人分

  • モヤシ - 2袋
  • ピーマン - 4個
  • エノキタケ - 1株
  • 豚肉 - 150g(薄切り部位はお好みでモモがおすすめです)
  • 酒 - 大さじ3
  • 醤油 - 大さじ3

【作り方】

超簡単!ホイルで包んでオーブントースターで焼くだけ。

  • モヤシは、水洗いをし水気をきっておく。
  • ピーマンは種を取り、2cmに切る。エノキタケは下の根の部分を取り除き半分に切る。
  • 豚肉を酒としょうゆにつける。
  • アルミホイル4枚に、もやし、ピーマン、エノキ、豚肉の順に4人分に分けて盛り、豚肉の漬け汁を掛ける。
  • アルミホイルで、材料を包む。
  • オーブントースターで15分焼く(オーブンの場合は200度で15分、魚焼き機の場合は一度フライパンで具を炒めてからアルミホイルで包み10分焼く)。余熱で10分。
  • 包んでいたアルミホイルの部分を半分開けて、あと10分加熱し、もう一度蓋をして5分加熱。
  • お皿に盛り出来上がり!(食べるまで余熱でオーブンに入れたままにしましょう。)