ブロッコリー BROCCOLI
ブロッコリーの主な栄養成分(栄養素)

ブロッコリーに含まれている栄養素(栄養)はいったいなんだろう?

  • ビタミンC
  • ビタミンA
  • カロチン
  • ビタミンB2
  • 食物繊維
  • カリウム
  • カルシウム
ブロッコリーの豆知識

ブロッコリーは緑黄色野菜でアブラナ科です。キャベツの変種、カリフラワーと同種で花らいと茎を食します。緑花野菜や芽花野菜とも言われ、大変栄養価の豊富な野菜です。皮膚や粘膜を保護し、かぜ予防、がん予防、疲労回復、しみそばかすの美肌、老化防止など効果があります。血糖値を正常に保つ食物繊維も豊富です。

ブロッコリーの選び方
Check!

花が開いた物は古く栄養価も落ちているので、つぼみの物でしまっており、濃い緑色の物で、中央が盛り上がった物が良いでしょう。


ブロッコリーに関連した情報
ブロッコリーの旬とは?

現在では、ブロッコリーは年中食べられますが、涼しい気候の地で生産され本来の旬は冬(11月から1月)です。

ブロッコリーの種類

世界で食されているブロッコリーの日本でよく食される種類の一部を紹介します。

  • 早生緑
  • ハイツ
  • エンデバー
  • グリーンハット
  • グリーンビューティー
  • グリーンコメット
  • グリーンフェイス
  • エルデ
  • マーシャルなど
ブロッコリーの調理法と保存法

熱に弱いビタミンCを失わないように短時間で茹でるのがコツです。沸騰したお湯に食塩を加え、茎を切り落としたブロッコリーを茎から入れ茹でます。固いくらい茹でると栄養価も落ちません。
温かい所に保存すると花が咲くので、新鮮なうちに湯がいてポリ袋や保存用容器に入れて保存しましょう。

ブロッコリーの加工品やその他
  • 冷凍ブロッコリー
  • ブロッコリースプラウド(栄養価が豊富で色添えにも便利)

ブロッコリーの生産地

ブロッコリーの産地は地中海地方イタリアで、日本には昭和30年ごろ市場に出回るようになりました。
ブロッコリーの日本の生産量の多い都道府県と輸入している主な国を紹介
(注:生産量及び輸入量の多い順ではありません)

生産量のランキング

ブロッコリーの生産量の多い都道府県 

  • 愛知
  • 埼玉、福岡
  • 静岡、千葉
輸入量のランキング

ブロッコリーを多く輸入している国 

  • アメリカ
  • 中国

ブロッコリーを使った美味しい料理の作り方 - ブロッコリーレシピ
ブロッコリーに関連したレシピ本検索入口

【ブロッコリーレシピ】

栄養豊富なブロッコリーをたっぷり食べる。
お酒のおつまみに、ご飯のおかずに一味違う
簡単なお手軽料理。


【材料】

ブロッコリーと蒸鶏のピリ辛合え(4人分)

  • ブロッコリー - 1束
  • 鶏胸肉 - 1枚(200g前後)
  • 酒 - 大さじ1(a:蒸鶏用)
  • 塩 - 小さじ1/2(a:蒸鶏用)
  • 豆板醤 - 小さじ3(b:合えタレ用)
  • 砂糖 - 大さじ2(b:合えタレ用)
  • 醤油 - 大さじ2(b:合えタレ用)
  • ゴマ油 - 大さじ1(b:合えタレ用)
  • 酒 - 大さじ2(b:合えタレ用)
  • いり胡麻 - 大さじ1

【作り方】

ピリ辛が食欲をそそる、15分もあれば作れる簡単料理

  • ブロッコリーは上記茹で方で茹で一口大に切り分ける。
  • 皿に、鶏肉、調味料aを入れラップをし600Wのレンジで3分加熱し、裏返して3分加熱し3分程度蒸らす。
  • 鶏肉を小さくさき、皮の部分は細く切る。
  • 調味料bをボールで混ぜ合わせ、小さくした鶏肉を加え混ぜ合わせ、ブロッコリーいり胡麻の半量をすって加える。
  • 混ぜ合わさった物をお皿に盛り付け、残ったいりゴマを上から振りかけて出来上がり。