小松菜(コマツナ) LeafyGreenVegetable
こまつなの主な栄養成分(栄養素)

こまつなに含まれている栄養素(栄養)はいったいなんだろう?

  • ビタミンA(カロチンorカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンB2
  • カルシウム(ほうれん草の約3倍)
  • カリウム
  • リン
  • 食物繊維
  • 葉緑素
小松菜(こまつな)の豆知識

小松菜は緑黄色野菜でアブラナ科に属する葉菜です。小松菜には、葉や骨を表部にして骨粗鬆症の予防、美肌効果、貧血予防、がんの予防、ストレスのイライラ抑制、抗酸化作用、高血圧の予防、利尿作用などの作用がります。名前の語源でもなった川のある関東地方では小松菜はお正月の雑煮に欠かせない野菜です。

小松菜の選び方
Check!

小松菜は、鮮やかな濃い緑で茎がまっすぐ伸びた、葉は肉厚でしなびていない、茎が太すぎず、痛みのないみずみずしいものを選びましょう。


こまつなに関連した情報
こまつなの旬とは?

現在では、こまつなは年中販売されていますが旬は冬(11月末から2月)が本来の小松菜の旬です。

こまつなの種類

小松菜は200以上の種類があり、紹介しきれないので小松菜のアブラナ科アブラナ属の仲間を紹介します。

  • 野沢菜(のざわな)
  • 高菜(たかな)
  • 京菜(きょうな)
  • 壬生菜(みぶな)
  • 正月菜(もち菜)

小松菜を美味しく栄養を残し調理する方法

こまつなの調理と保存の注意

小松菜はあくがないため、下ゆでなしで汁物や炒め物などの調理ができ、油と組み合わせることで栄養成分を損なうことなく調理できます。ゆでる場合は、根の部分の土をしっかい洗い、沸騰したお湯に塩と油を少々加え茎からゆで始め、1分後に葉をお湯に入れ茹でます。お好みの固さに茹で上がったら、冷水で冷まし水気を切ります。
小松菜は、湿ったキッチンペーパーや新聞紙に包むか、小松菜に水気を与えポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で根を下にして保存しましょう。


こまつなの生産地

こまつなの原産地は中国で、江戸時代関東地方に伝えられました。
こまつなの日本の生産量の多い都道府県と輸入している主な国を紹介
(注:生産量及び輸入量の多い順ではありません)

生産量のランキング

こまつなの生産量の多い都道府県 

  • 東京
  • 神奈川、埼玉
  • 兵庫
輸入量のランキング

こまつなを多く輸入している国 

  • 中国

小松菜を使った美味しい料理の作り方 - こまつなレシピ
小松菜に関連したレシピ本検索入口

【こまつなレシピ】

栄養たっぷりの小松菜を
お子さんでも食べやすい様に調理した
食感と栄養成分を活かした簡単レシピ!


【材料】

小松菜と豆腐のササっと中華 4人分

  • こまつな - 1束
  • 豆腐(絹ごしなどのやわらかいもの) - 1丁
  • 人参 - 1/2本
  • 豚肉(薄切り) - 200g
  • しいたけ - 3枚
  • その他お好みの野菜(玉ねぎなど) - 適量
  • 中華スープ - 300cc
    (コンソメや粉末中華スープの素をお湯で溶かしてもOK)
  • 塩・コショウ - 適量
  • サラダ油 - 適量
  • 醤油 - 大さじ1(お肉の漬け込み用)
  • 酒 - 大さじ2(お肉の漬け込み用)
  • 片栗粉 - 小さじ1(お肉の漬け込み用)
  • 水溶き片栗粉 - 適量

【作り方】

八宝菜風で子どもから大人まで好きな料理!

  • こまつなは、しっかり汚れを水洗いし、根元を切り落とし、3cmから4cmに切る。
  • 人参としいたけも同様の長さの短冊きりにする。
  • 豚肉は食べやすい大きさに切り、醤油と酒に漬け込む。
  • フライパンを熱し、油を入れ熱くなったら漬け込んだ豚肉に片栗粉を混ぜたものを入れ強火で炒める。
  • 肉に火が通ったら、野菜類を入れ炒める。
  • 全体に油が回ったら、中華スープを入れ、豆腐を適当な大きさに手でちぎり加えササっつ炒め。
  • 最後に塩コショウで味を整え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
  • お皿に盛り付けて出来上がり!