ピーマン フランス語:PIMIENTO、英語:GREEN PEPPER
ピーマンの主な栄養成分(栄養素)

ピーマンに含まれている栄養素(栄養)はいったいなんだろう?

  • ビタミンC
  • ビタミンA
  • ビタミンP
  • カリウム
  • 葉緑素(クロロフィル)
  • オスモチン
ピーマンの豆知識

ピーマンは緑黄色野菜でナス科で、トウガラシの変種です。アメリカ種の甘とうがらしです。ピーマンに多く含まれるビタミンCは風邪の予防、美肌効果などの作用があります。葉緑素はコレステロールの低下、動脈硬化や高血圧、癌の予防にも効果があると言われ、その他ビタミンPはビタミンCの熱と酸化から守る作用があります。毛細血管を丈夫にする作用があるといわれています。

ピーマンの選び方
Check!

ツヤツヤしたみずみずしい緑色が均一で形が大きく肉厚なものを選びましょう。赤いピーマンには栄養価が豊富で甘味も強いです。


ピーマンに関連した情報
ピーマンの旬とは?

現在では、ビニールハウスなどで栽培される為ピーマンは年中食べられますが、ピーマンの本来の旬は夏(6月から8月)です。

ピーマンの種類

世界で食されているピーマンは、日本でよく食される種類の一部を紹介します。

  • カリフォルニアワンダー
  • 緑王
  • エース
  • 黄ピーマン
  • 黒ピーマン
  • 白ピーマン
  • オレンジピーマン
  • サラダピーマン
  • フルーツピーマン
  • その他パプリカは大型種です。
ピーマンの調理法と保存法

ピーマンの臭いが気になる時は加熱すると良いでしょう。ピーマンに含まれるビタミンAは油との相性がよく吸収よくします。又ビタミンCは熱に弱いですが、ビタミンPを含むので熱を加えてもビタミンCを豊富に吸収できますので油などでいためたり、すると甘味も増し栄養の吸収もよいでしょう。
保存は、空気が入るようなポリ袋に入れ冷蔵庫の野菜室(温度が低くなりすぎないので)で保存します。

ピーマンの加工品やその他

ピメント(赤くなった物の缶詰)を塩漬にするオリーブの種を抜いた所に詰める物に使用されています。


ピーマンの生産地

ピーマンの産地は熱帯アメリカで、日本では16世紀にポルトガル人によって伝えられたそうです。
ピーマンの日本の生産量の多い都道府県と輸入している主な国を紹介
(注:生産量及び輸入量の多い順ではありません)

生産量のランキング

ピーマンの生産量の多い都道府県 

  • 宮崎、茨城
  • 高知、岩手
  • 長野、鹿児島など
輸入量のランキング

ピーマンを多く輸入している国 

  • オランダ
  • 韓国
  • ニュージーランド、中国など

ピーマンを使った美味しい料理の作り方 - ピーマンレシピ
ピーマンに関連したレシピ本検索入口

【ピーマンレシピ】

加熱しても栄養が逃げない多彩な調理に利用できる
万能なピーマンを
短時間で簡単に出来るお手軽料理でクッキング


【材料】

ピーマンともやしのあっさり炒め(4人分)

  • ピーマン - 中5個(約1袋)
  • もやし - 1袋(200g前後)
  • ベーコン - 4枚
  • 塩 - 少々
  • 胡椒 - 少々
  • サラダ油 - 大さじ1

【作り方】

5分作れる超お手軽な簡単料理

  • ピーマンはへたと種をとり水洗いし、5mm程度の千切りにする。
  • ベーコンは1cmの千切りにする。
  • もやしは水洗いし、水気を切る。
  • 熱したフライパンに油を入れ、ベーコンを炒める。
  • 少し焦げ目が付いたら、ピーマン、もやしを加え強火でサッと炒める。
  • 塩、こしょうで味付けし出来上がり。お手軽なのに栄養豊富なピーマンで野菜不足解消t美肌効果!