ラディッシュ(二十日大根) RADISH
ラディッシュの主な栄養成分(栄養素)

ラディッシュに含まれている栄養素(栄養)はいったいなんだろう?

  • ビタミンA(カロチン - 葉の部分)
  • ビタミンC(葉の部分)
  • ビタミンE
  • ビタミンP(皮の部分)
  • カリウム
  • カルシウム(葉の部分)
  • ジアスターゼ(消化酵素)
  • 食物繊維
ラディッシュの豆知識

ラディッシュは別名、二十日大根(ハツカダイコン)や甘日大根と呼ばれ、世界で最も小さい大根です。淡色野菜でで、アブラナ科ダイコン属の野菜です。大根と栄養成分はほぼ一緒ですが、栄養含有量は大根より少なく、料理の色添えに使用されます。消化を促進、便秘、胃もたれ、胸やけ、胃酸過多、二日酔い、ニキビや吹き出物などに効果があるといわれています。

ラディッシュの選び方
Check!

葉の部分がみずみずしく色鮮やかで、根の部分は表面がでこぼこしていないひげがまっすぐな物を選びましょう。


ラディッシュに関連した情報
ラディッシュの旬とは?

ラディッシュは二十日大根といわれるように種をまいてから20日で栽培ができます。そのため年中栽培は可能ですが、大根同様涼しい機構を好みます。旬というよりは涼しい時期(10月から3月)が栽培は適しています。

ラディッシュの種類

ラディッシュは近年カラフルなものも栽培されています。その他種類の一部を紹介します。

  • コメット
  • レッドフォーシング
  • ホースラディッシュ(西洋わさび)
  • ミニラディッシュ
ラディッシュの調理法と保存法

ラディッシュは、生のままスライスしてサラダや料理などのいろどりにします。茹でると赤い部分がなくなるので、ゆでて使用する場合は、皮をむいて使用します。
ラディッシュは生のまま、葉を切り落としポリ容器(タッパ)やポリ袋で密封して冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。


ラディッシュの生産地

ラディッシュの原産地はヨーロッパで、日本には明治時代に伝わったといわれています。
ラディッシュの日本の生産量の多い都道府県の紹介
(注:生産量及び輸入量の多い順ではありません)

生産量のランキング

ラディッシュの生産量の多い都道府県 

  • 愛知(生産量1位)
  • 福岡
  • 新潟、山口
輸入量のランキング

ラディッシュを多く輸入している国 

  • 調査中

ラディッシュを手軽に美味しく食べるレシピ
セロリに関連したレシピ本検索入口

【ラディッシュレシピ】

ラディッシュは料理の付け合わせや
サラダなどがメインの野菜ですが、
ラディッシュだけでもおいしく食べれます。


【材料】

ラディッシュと味噌で

  • ラディッシュ - 適量
  • 味噌 - 赤味噌or田楽味噌or八丁味噌or甘みそor手作りみそなど

【作り方】

  • ラディッシュは葉の部分を3cm程度残しはお切り落とし、縦に半分もしくは1/4に切る。
  • 八丁味噌、甘味噌、田楽味噌をつけながら食べる!