ホウレン草 SPINACH
ほうれん草の主な栄養成分(栄養素)

ほうれん草に含まれている栄養素(栄養)はいったいなんだろう?

  • ビタミンC
  • ビタミンA
  • カロチン
  • ビタミンB1 ・ビタミンB6
  • カルシウム
  • カリウム ・葉酸
  • 赤い根っこの部分マンガンが豊富
ほうれん草の豆知識

ほうれん草は緑黄色野菜で、アカザ科の越年草です。根は赤みがあります。ほうれん草は冬野菜で、この時期は栄養価も高く美味しいです。

ホウレンソウの選び方
Check!

1株の大きさが小さく、葉っぱの部分は濃い緑色で葉の厚みがあり張りのあるもので、茎が短めで、根っこの部分の赤みがしっかりあり濃いほうれん草は、栄養素が豊富で美味しいと言われています。


ほうれん草に関連した情報
ほうれん草の旬とは?

現在では、ほうれん草は年中食べられますが旬は冬(11月から3月)が本来のホウレン草の旬です。

ほうれん草の種類

世界では8000種を越える品種があると言われるほうれん草。日本でよく食される種類の一部を紹介します。

  • 東洋種 - 秋頃から収穫され茎が長い
  • 西洋種 - 春頃多く茎が短い
  • 中間種

ホウレンソウを美味しく栄養を残し茹でる方法

ほうれん草の茹で方
  • ホウレン草の根元の砂や葉っぱの虫などを綺麗に洗う。
  • 水2000ml(10カップ)に小さじ1の食塩を鍋に入れを沸かす。
  • 沸騰したら、ホウレン草を根っこから入れ、30秒茹でる。
  • その後、葉の部分をお湯に入れしんなりするまで茹でる。
  • しんなりしたら、裏返し20秒から30秒茹でる。
  • お湯を切り、水で洗い流す様に冷ます。

ほうれん草の生産地

ほうれん草の発祥原産地は西アジアで、ペルシャ(現在のイラン)周辺で、日本には中国から東洋種、フランスから西洋種が伝えられました。
ほうれん草の日本の生産量の多い都道府県と輸入している主な国を紹介
(注:生産量及び輸入量の多い順ではありません)

生産量のランキング

ほうれん草の生産量の多い都道府県 

  • 埼玉、神奈川
  • 愛知、福岡
  • 茨城、千葉
輸入量のランキング

ほうれん草を多く輸入している国 

  • 中国

ほうれん草を使った美味しい料理の作り方 - ほうれん草レシピ
ほうれん草に関連したレシピ本検索入口

【ほうれん草レシピ】

元気もりもり、カルシウムも不足に
成長期のお子様にも人気の一品!
おかずの一品に、お弁当に、簡単なお手軽料理。


【材料】

ほうれん草のじゃこ炒め

  • ほうれん草 - 1束
  • ジャコ(しらす) - 30gから50g(お好みで)
  • 塩 - 少々
  • 胡椒 - お好みで
  • 醤油 - 小さじ1
  • サラダ油 - 大さじ1
  • いり胡麻 - 大さじ1

【作り方】

10分もあれば作れる簡単料理

  • ほうれん草は上記を参考に茹でてください。
  • ほうれん草を3cmから4cm位に切る。
  • フライパンを熱し、サラダ油を入れジャコを炒め、じゅわじゅわしてきたらカットしたほうれん草加え炒める。
  • お好みで塩、胡椒で味付けし、醤油で香り付けをする。
  • いり胡麻をすり、あえたら盛り付ける。