獅子唐(ししとう) SweetGreenPepper
しし唐の主な栄養成分(栄養素)

しし唐に含まれている栄養素(栄養)はいったいなんだろう?

  • ビタミンC
  • ビタミンA
  • カルシウム
  • リン
  • カリウム
  • ナイアシン
  • カプサイシン
  • 食物繊維
しし唐の豆知識

シシトウは、獅子唐辛子(ししとうがらし)の略で唐辛子の一種です。ナス科のトウガラシの甘味種です。シシトウは、唐辛子の一種なので、唐辛子特有の成分カプサイシンを含み、新陳代謝をようし、脂肪燃焼効果がありダイエットに最適の野菜です。その他、夏バテ、免疫向上、疲労回復、老化防止、美肌効果、利尿作用、高血圧予防、便秘解消などの作用があります。

ししとうの選び方
Check!

ししとうは、表面がツヤツヤで濃い緑で細く小さいもの、獅子唐特有の香りがするものが良いです。大きいものは固く風味も良くないので避けましょう。


しし唐に関連した情報
ししとうの旬とは?

現在では、ししとうはスーパーなどで年中見かけますが、本来の旬は夏(7月から9月)です。

ししとうの種類

ししとうの種類の一部を紹介します。

  • 翠臣ししとう
  • 松の舞
  • ジャンボ獅子唐
  • 万願寺とうがらしなど
しし唐の調理と保存の注意

ししとうは、短時間で調理するのがポイントです。シシトウは調理する前に、竹串などで数か所穴をあけておきましょう。加熱中に破裂するのを防いでくれます。しし唐はフライパンや炭火で素焼きにし生姜醤油なので食べる他、天ぷらや炒め物などの調理をすると栄養価を損なうことなく吸収できます。
ししとうの保存方法は、新聞紙で包むか、ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。


ししとうの生産地

唐辛子の原産地は南米でししとうは中央アメリカ及び南米といわれており、日本には江戸時代に伝わったようです。
ししとうの日本の生産量の多い都道府県と輸入している主な国を紹介
(注:生産量及び輸入量の多い順ではありません)

生産量のランキング

しし唐の生産量の多い都道府県 

  • 高知
  • 千葉
  • 新潟、和歌山など
輸入量のランキング

しし唐を多く輸入している国 

  • 韓国
  • 中国

ししとうを使った美味しい料理の作り方 - しし唐レシピ
ししとうに関連したレシピ本検索入口

【しし唐レシピ】

シシトウと相性の良い食材を合わせて
超短時間でできる簡単料理
ししとうの美味しいレシピ


【材料】

ししとうとちくわの炒め物 2人分

  • しし唐 - 1パック
  • ちくわ - 1パック
  • 醤油 - 大さじ1
  • サラダ油 - 大さじ1

【作り方】

短時間で美味しいおつまみ、ご飯の付け合わせ料理

  • ししとうは、下手を手で取り洗い、膨張するので竹串で数か所穴をあける。
  • ちくわは7mm程度の斜め切りにする。
  • 熱したフライパンに油を入れ、シシトウ、ちくわを炒め、醤油を鍋肌から入れ味付けと香り漬けをする。
  • お皿に盛りつけ出来上がり。
  • ちくわの代わりに、じゃこ(ちりめん、小女子)でも美味しいです。