トマト TOMATO
トマトの主な栄養成分(栄養素)

トマトに含まれている栄養素(栄養)はいったいなんだろう?

  • βカロチン
  • ビタミンC
  • ビタミンA
  • カリウム
  • リコピン - 抗酸化作用
     (抗酸化作用でがん予防と免疫力高める
       その他に細胞の酸化、老化防止)
トマトの豆知識

トマトは緑黄色野菜で、ナス科ナス属の植物に分類されます。多年生植物で、赤茄子≫あかなす、小金瓜≫こがねうり、蕃茄≫ばんかとも言われます。トマトは夏野菜で、この時期は栄養価も高く美味しいです。

トマトに関連した書籍と写真
トマトに関連した書籍
おすすめの料理BOOK

トマトを使った料理のレシピの掲載されている料理本です。


トマトに関連した情報
トマトの旬とは?

現在では、トマトは年中食べられますが旬は夏(6月下旬から8月)が本来のトマトの旬です。

トマトの種類

世界では8000種を越える品種があると言われるトマト。日本でよく食される種類の一部を紹介します。

  • ミニトマト
  • ミディトマト
  • マイクロトマト
  • ミニイエロートマト
  • イタリアントマト
  • ローマトマト
  • イチゴトマト、フルーツトマト
  • ファーストトマト
  • 桃太郎、赤色丸玉、黄寿、他

その他トマトのには加工品の種類がたくさんあります。

トマトの加工品
  • トマトピューレ - トマトを
  • トマトケチャップ
  • ホールトマト水煮缶
  • ドライトマト

トマトの生産地

トマトの発祥原産地はアンデスの高地で、そこから現在まで生産地は広がっています。
トマトの日本の生産量の多い都道府県と輸入している主な国を紹介
(注:生産量及び輸入量の多い順ではありません)

生産量のランキング

トマトの生産量の多い都道府県 

  • 北海道、青森
  • 愛知、熊本
  • 茨城、千葉
輸入量のランキング(ミニトマトを含む)

トマトを多く輸入している国 

  • 韓国、中国
  • アメリカ、カナダ
  • トルコ

トマトを使った美味しい料理の作り方 - トマトレシピ
トマトに関連食材ショッピング入口

【トマトレシピ】

パスタにサラダのソースに、
そのままクラッカーのトッピングに
様々な料理に使える、簡単ソース。


【材料】

簡単美味しいトマトのソース

  • トマト - 中1個
  • にんにく - 大2片
  • オリーブオイル - 大さじ3
  • バジルの葉 15枚から20枚
  • たかの爪 - 1本
  • 塩 - 適量
  • 胡椒 - 適量

【作り方】

20分もあれば作れる簡単料理

  • みじん切りにしたニンニク、輪切りにしたタカの爪(種は抜く)、オリーブオイルをフライパンにいれ弱火で炒める。
     (ニンニクに火が通ればOK)
  • トマトのざくぎり(お好みの大きさ)、バジルの葉を刻んだもの、作ったにんにくオイル、塩、黒こしょうをボールに入れてまぜる。(塩加減はお好みで。パスタソースの場合は若干強めでOK)
  • お好みで、パスタやサラダ、オードブルのトッピングなどにどうぞ。